引越サービス Moving

海外から日本へ

税関規制

以下は、関税法、薬事法、植物防疫法、家畜伝染予防法等において輸入禁止あるいは規制されている品目です。

  • けん銃、小銃、機関銃、砲
    これらの鉄砲弾及び銃部品

  • 麻薬、向精神薬、大麻、あへん
    けしがら、覚せい剤及びあへん吸煙具

  • 公安又は風俗を害すべき書籍、図画彫刻物、その他の物品、児童ポルノ

  • 爆発物

  • 生鮮食品

  • 穀物類
    (規制されているもの)

詳細については税関のホームページを参照ください
植物を海外から日本へ持ち込む場合の規制については、植物防疫所からのお知らせをご確認ください。

免税の範囲について

渡航先で日常的に使用されていた衣服、身の回り品などは原則として免税となりますが、下記の品目を別送品で送付される場合、帰国後6か月以内の輸入であれば成人一人当たり下記の範囲で免税となります。「別送品申告」をなさっていなければ免税扱いとはなりませんのでご注意ください。

品名 数量または価格 備考
酒類 3本 1本760mlのもの
たばこ 「紙巻たばこ」のみの場合 200本

2018年10月1日より、たばこの免税範囲が変更され、居住者と非居住者及び日本製、外国製の区別がなくなりました。

【加熱式たばこの免税数量の例】

  • 「アイコス」(IQOS)の場合:200本
  • 「グロー」(glo)の場合:200本
  • 「プルーム・テック」(Ploom TECH)の場合:50個
「加熱式たばこ」のみの場合 個装等10個
※1箱あたりの数量は、紙巻たばこ20本に相当する量
「葉巻たばこ」のみの場合 50本
その他の場合 250g
香水 2オンス 1オンスは約28ml(オーデコロン、オードトワレは含まれません。)
その他の品目 20万円(海外市価の合計額)
  • 合計額が20万円を超える場合には、20万円以内におさまる品物が免税になり、その残りの品物に課税されます。
    税関は、旅行者の皆さんに有利になるように、免税となる品目を選択の上、課税します。
  • 1個で20万円を超える品物、例えば、25万円のバッグは25万円の全額について課税されます。
  • 1品目ごとの海外市価の合計額が1万円以下のものは、原則として免税となります。(例えば、1コ1,000円のチョコレート9コや1本5,000円のネクタイ2本は免税になります。)

(注1)「海外市価」とは、外国における通常の小売購入価格のことをいいます。 なお、円貨換算は定められた公示レートにより行われます。
詳細については税関のホームページを参照ください。

免税範囲を超える品目について

免税範囲を超える品目に関しましては次のように課税されます。

簡易な税率が適用されるもの
品名 税率
酒類 ウィスキー及びブランデー 600円/リットル
ラム、ジン、ウォッカ 400円/リットル
リキュール、焼酎など 300円/リットル
その他(ワイン、ビールなど) 200円/リットル
紙巻たばこ 12.5円/1本(注)
その他の品物 15%

税率は不定期で変更されますので、入国前に税関のホームページにて詳細をご確認ください。

特別な手続きが必要となる品目

医薬品・医薬部外品・化粧品・医療用具は、薬事法の規定により輸入手続きが必要となる場合がありますがご自身の日常使用の場合、規程の範囲内であれば輸入することができます。必ず事前にお問い合わせください。
詳しくは税関のホームページにてご確認ください。

検疫が必要となるもの

植物検疫

輸入植物類に病害虫が付着して日本に侵入することを防ぐことが目的の輸入植物検疫では、病害虫が付着する可能性のある植物はすべて検査の対象となります。
ただし、家具や製茶のように高度に加工されたもの、瓶詰めされた乾燥香辛料や缶詰などで密閉されているものなど、植物検疫の対象となる植物の病害虫が付着するおそれがない植物又は、植物加工品等は輸入植物検疫の対象となりません。
一方、土及び土が付着した植物は輸入禁止です。庭仕事でご使用の器具、ゴルフクラブ、三輪車、自転車のタイヤなどに土が付着したままにならないよう十分に水で汚れを落としてから梱包されますようご注意ください。
詳しくは農林水産省 植物防疫所へお問い合わせいただくかホームページでご確認ください。

動物検疫

食品

海外から輸入される動物・肉製品、不完全加工品等を介して家畜の伝染性疾病が国内に侵入することを防止するための検査です。
※チーズ、バター等は輸入できますが、生肉、乾燥肉、ハム、ソーセージなどは検査証明書が必要な場合もあります。
日本に入国する海外旅行客等が手荷物として持ち込む動物や畜産物等は空(海)港の税関検査場内に設置している動物検疫カウンターで検査を実施しています。
詳しくは農林水産省 動物検疫所へお問い合わせいただくかホームページでご確認ください。

ペット

ご家族の一員としてペットを快適に輸送し、安全に入国させるためには様々な手続きと検査を必要とします。
また同じフライトで出入国できる航空会社と、その搭乗条件をよくご確認の上、チケット予約等なさってください。
ペットの種類やどこの国から日本に輸入するかにより輸入手続きが異なりますので農林水産省 動物検疫所へお問い合わせいただくか以下のホームページでご確認ください。